新刊

NEVER LOST AGAIN

グーグルマップ誕生

NEVER LOST AGAIN

倒産寸前の地図会社が描いた壮大な夢 「Google Maps」誕生の軌跡

著者 Bill Kilday
大熊 希美
ジャンル ビジネス・自己啓発
出版年月日 2018/11/10
ISBN 9784813271604
判型・ページ数 4-6・464ページ
定価 本体1,800円+税
いまや、世界中の人たちの必須アプリ「グーグルマップ」の知られざる誕生物語が緊急翻訳出版!
著者は、グーグルマップの生みの親ジョン・ハンケの学生時代からの友人で同僚のビル・キルデイ。

ジョン・ハンケをして、「君が書くのはぴったりだと思う。そこにいて全部見ていたのだから」とまで言わしめるビル・キルデイが、ジョン・ハンケとの出会いからKeyhole社の立ち上げ、Googleによる企業買収、そしてグーグルマップが世界的な成功を得るまでの軌跡を描く。

本書は、前半(Googleに買収されるまで)と後半(Googleに買収されたあと)に分かれ、グーグルマップを支える技術の話はもちろんのこと、内部の人からしか見えないジョン・ハンケやGoogleの雰囲気が、筆者とジョン・ハンケ、Keyholeの個性豊かなチームメンバーとのやりとりなどを通じて、伝わってくる。また、Google創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンとのやりとりや、マリッサ・メイヤーとの確執など、多くのエピソードが挟み込まれていて臨場感も満載。

ジョン・ハンケが描いたビジョンからプロダクトが生まれ、成長し、Googleの元で世界中の人々に使われるようになった道のりは山あり谷ありで飽きさせない物語になっている。一方で、著者のビル・キルディが安定を求めるタイプで、起業やスタートアップに対して及び腰な姿勢なのも、ある意味、読者目線を代表する常識的な感覚で、親近感が感じられる1冊になっている。

【電子書籍有り】
序章 出発点
目的地は? スタートアップ時代
Chapter01 スーパーマンみたい
Chapter02 パワーズ・オブ・テン
Chapter03 緑のフォルダー
Chapter04 ガス欠
Chapter05 状況分析室
Chapter06 カーテン裏
Chapter07 シリーズBかシリーズGか
再計算 グーグルでの年月
Chapter08 ラッキーな気分
Chapter09 33名分の席
Chapter10 ディナーを賭けて
Chapter11 グーグルマップマニア
Chapter12 新しい業界の誕生
Chapter13 ハロー、グーグルアース
Chapter14 惑星のダッシュボード
Chapter15 青いドット
Chapter16 オッケー、グーグル。ここはどこ?
Chapter17 街での人気
Chapter18 4000杯のラテ
Chapter19 上空に新たなグーグルの目
Chapter20 グラウンドトゥルース・プロジェクト
Chapter21 ムーンショット完了、次は火星を目指して
エピローグ ゲットできた?
筆者からの注記/謝辞/訳者あとがき
Bill Kilday
ジョン・ハンケの興したベンチャー企業Keyholeでマー
ケティング・ディレクターを務めていた。K e y h o l eが
Googleに買収された2005年の6月よりGoogleのジ
オ・チームで3年間マーケティングの指揮をとる。

大熊 希美
東京都生まれ。カナダとオーストラリアに計12年間在住。上智大学総合人間科学部心理学科卒
業後、金融業界を経てスタートアップ企業に転職。その後ライター・翻訳業。訳書に『KISSジ
ーン・シモンズのミー・インク』(共訳、日経BP社)、『最強のシンプル思考』(日経BP社)。IT
ニュースブログ「TechCrunch Japan」元編集ライター。

SHOPPING ご注文

1,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍